shachou2.jpg

東京で加工業に従事していた父(取締役会長、生田目勝美)が福島県に帰郷し創業したのは1970年でした。自宅の一階を作業場に、ベンチプレス(卓上旋盤)1台で仕事をしていました。私は22歳の時に家業を継ぐ決意をし、父の手伝いをするようになりました。様々なお客様との貴重な出会いに刺激を受け、一大決心をして1990年、コンピュータによるプログラミングシステムを導入致しました。

家業から企業へと脱皮を図って、三次元試作加工への挑戦を始めました。「試作」とは夢をカタチにするための過程で最も重要な作業だと思っています。3年後、5年後に世の中に出るものをコツコツと作り上げることは大きな満足感と達成感があります。

人は夢を見て、夢を実現するために努力を重ねます。その結果、新しいモノが世の中に生まれる。これこそモノづくりの原点ではないでしょうか。私たちが蓄積した技能と技術を元に精魂込めて加工した製品がお客様に届き、そこでの好評価が新たなお引き合いにつながる。そういう無言の好循環を生み出すモチベーションは、「論より証拠」です。多くの言葉を尽くすよりも、試作品や製品のひとつひとつが雄弁に会社の実績と姿勢をアピールしてくれます。

私たちは「高品質」「短納期」「適正コスト」の3つをテーマに仕事に取り組んでいます。これらの付加価値の高い仕事を達成しつつ、個々の従業員の労働環境には最大限の配慮と有言実行を以て応えていくことで「人生も仕事も面白かった」と社員たちが将来語ってくれるような会社にしていきたいと思っています。

 

代表取締役社長  生田目將弘
Masahiro NAMATAME,
Representative CEO,
NTS Co., Ltd.