fim.jpg

 2019 FIM World Grand Prix Moto2 Project
NTS RW Raing GP

8.jpg

「2年目を迎えた今だから、わかること。」

FIM世界選手権グランプリMoto2にNTSが自社製シャーシの供給を開始した2018年は、初年度ながら年間累計9ポイントを獲得。2人のライダーに対し、メインフレームやスイングアームなどの主要部品のはもちろん、細かい部品についても性能、整備性、信頼性、コストパフォーマンスの向上を目的としたアップグレードとテスト走行を繰り返し断続的に投入し続けた。その結果、2018シーズン当初は世界のトップチームがNTSの約1.5秒先を走行していた中で、シーズン後半は1周当たり平均して0.8秒~1.0秒差にまでその差を短縮できる底力を得られるようになり、時として、公式練習で世界トップタイムをNTSチームが記録するシーンも。1年間の戦いを終え、NTSにとっては2年目となる2019年世界グランプリに挑むにあたり、NTSの生田目社長がその思いを語る。